◆さくらんぼの成長日記◆



桜の開花よりひとあし遅れて、真っ白なさくらんぼの花が咲きはじめます。
天気が良い日はハチや蝶々が元気に受粉のお手伝いをしてくれます。

 
 
  

 
花びらが落ると、きみどり色の小さな実がポツポツと見えてきます。
これがもう少し大きくなり赤みが出てきた頃、太陽が良くあたるよう
葉っぱや新しくのびた枝を選定します。枝いっぱいに生った実も、
適量に切り落とします。 ひとつひとつが大きく育つように!

 あたり一面、山!空気も美味しい場所ですくすく育ち、真っ赤に熟します。 


 

皆様へ甘酸っぱくて美味しい
山形の味をお届け致します!

水で洗いながら冷やし、
美味しくお召し上がりください☆

   

◆さくらんぼ品種紹介◆

   

 ☆さくらんぼといえば 佐藤錦
 甘くやわらかい「黄玉」と、酸味は多いが硬く日持ちの良い
 「ナポレオン」を交配してできた品種です。

 大正11年頃、山形県東根市の佐藤栄助氏によって誕生し、
 質の良さと抜群の甘さ、丁度良い酸味で、山形を代表とする
 果物として広く長く世に愛されています。


 最盛期:6月中旬〜6月下旬

 母の日などに合わせ早出しされるハウス物は、桐箱に丁寧に
 並べられ、高級品として贈答されることが多いです。

 佐藤錦はさくらんぼの中でも味の濃い、むせるほどの甘さが
 脳を刺激し、やみつきになります!!
     
 

 ☆人気上昇!紅秀峰
 佐藤錦と天香錦を交配し誕生した、肉質も硬く糖度も強い
 品種で、佐藤錦に次ぐ人気品種であります。

 最盛期:6月下旬〜7月上旬

 佐藤錦ほどの酸味はありませんので、さっぱりとした甘さと
 食べ応えのある果肉が人気の秘密です。
 真っ赤に熟した紅秀峰は、佐藤錦顔負け美味しさです!




 
 ♪♪その他 さくらんぼの紹介

 ナポレオン

 ヨーロッパより輸入された主食、加工共に適した品種です。酸味は強いですが、完熟したものは甘みが増し、濃厚な味わいです。

 紅さかや
 佐藤錦とセネカを交配して誕生した早生品種です。6月上旬頃より出回り、さくらんぼの駆け出しとなります。

 大正錦
 さくらんぼの終盤、7月上旬頃より出回る大粒の果肉の厚い食べ応えのある品種です。

 月山錦
 特徴はなんといっても『黄色いさくらんぼ』!